1. HOME
  2. お知らせ
  3. インフルエンザ警報

インフルエンザ警報

influ_eyecatch

 インフルエンザの流行は、冬を迎える11月下旬から12月上旬にかけて始まり,1月下旬から2月上旬にピークを迎え,3月頃まで続くと言われています。ところが、沖縄では年中、真夏でさえインフルエンザが流行します。その原因はまだ判明していないようです。
 9月9日と10日に、県内の幼小中高34校で学級閉鎖などの措置がとられ、沖縄県は2019年9月11日、定点あたりの患者報告数が基準値を超える34.10人となったとしてインフルエンザ警報を発令しました。
 さらなる流行拡大を防ぐため、手洗いや咳エチケットなど感染予防策の徹底とともに、「インフルエンザ発症後5日を経過し、かつ解熱したあと2日(幼児は3日)を経過するまでは登園や登校は控えるように」と県は呼び掛けています。
 県民の皆さんはインフルエンザにお気をつけください。
2019-20influ-1

お知らせ

お知らせ一覧