1. HOME
  2. 特集
  3. 那覇市ZEH(省エネ住宅普及促進事業)

SPECIAL

特集

那覇市ZEH(省エネ住宅普及促進事業)

・趣旨・目的

 日本は、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標(2050年カーボンニュートラル)を掲げていますが、この目標達成のためには、市民一人ひとりが環境について考え、環境に配慮した行動を取る必要があります。
 温室効果ガス排出量の削減と、快適な住生活を両立することのできるZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と呼ばれる住宅(以下「省エネ住宅」という。)は、脱炭素社会に貢献する選択肢として注目されています。本ページは省エネ住宅の普及促進を目指し、情報発信、拡散を図るため、省エネ住宅セミナー、省エネ住宅見学会および宿泊体験会の開催情報をはじめ、省エネ住宅ワンストップ相談窓口を設置しております。新築、リフォームを検討する住民の方へ省エネ住宅に関する有益な情報を届けし、脱炭素社会の実現に貢献できればと考えております。

・運営体制

takahira

事業責任者 高平兼司

一般財団法人 沖縄県公衆衛生協会
事務局長

photo_oyama

事業運営責任者 小山聡宏

一般財団法人 沖縄県公衆衛生協会
嘱 託

oshiron

事業運営責任者補佐 大城直美

一般財団法人 沖縄県公衆衛生協会
次 長

oshirok

広報担当 大城加代子

一般財団法人 沖縄県公衆衛生協会
班 長


ワンストップ相談窓口担当

オペレーター
山瀬野衣  宮城佑香  前冨里弥優

・ZEHに関する専門家紹介

photo_igei

伊藝 直

有限会社フロンティアーズ
代表取締役 二級建築士

経済産業省 資源エネルギー庁   登録認定
               ZEHビルダー
               ZEBリーディングオーナー
               ZEBプランナー

施工実績:ZEH 20棟  ZEB 5

photo_onaga

翁長 秀樹

有限会社翁長電気工事
代表取締役

第一種電気工事士
一級電気工事施工管理技士
第2種エコチューニング技術者
電気工事統括技師
消防設備士(甲種4類)
経済産業省 資源エネルギー庁 登録認定
               ZEHビルダー
               ZEBプランナー

施工実績:ZEH  6棟         ZEB  6軒

photo_minamino

南野 一也

一般社団法人ZEH普及支援協会
代表理事

1993年 兵庫県洲本市(淡路島)に大工の孫として誕生
幼少期より住宅、環境、エネルギーに興味を持ち、東海大学光学工学科にて太陽エネルギーを学ぶ。
住宅会社を経て、1997年にソーラーハウスのグループを立ち上げ全国規模の企業に育てた。
2020年6月に、消費者目線でのZEH普及とビルダー支援を前提とした
「一般社団法人ZEH普及支援協会」を立ち上げ代表理事として活動。
北海道から沖縄までの地域に合った家づくりに精通している。
※ZEH(ゼッチ)とは、ゼロエネルギー住宅の略称。

photo_maehira

眞榮平 孝裕

国立大学法人琉球大学産学官連携
ZEHプロジェクト 理学部 教授

国立大学法人琉球大学 副理学部長

産学官連携推進機構併任教員



【琉球大学ZEHプロジェクト】

沖縄から展開する亜熱帯気候にあったゼロエネルギーハウス (ZEH)

研究開発プロジェクト  プロジェクトマネージャー
photo_oyama

小山 聡宏

一般財団法人 沖縄県公衆衛生協会
嘱 託

一般社団法人沖縄県環境・エネルギー研究開発機構 代表理事
株式会社琉球ポテンシャル 代表取締役
第二種エコチューニング技術者
経済産業省資源エネルギー庁 分散型エネルギーインフラプロジェクトWG委員
経済産業省 省エネルギー相談地域プラットフォーム事業 省エネ外部専門家
沖縄県・環境省・経済産業省・法務省・内閣府事業:プロジェクトマネージャー
令和3年度那覇市省エネ住宅(ZEH)普及促進事業プロジェクトマネージャー 

・ワンストップ相談窓口

①サービス内容(基本知識や素朴な疑問、専門的な質問迄、専門家がすべてに対応します。)
②相談サービス対応時間・オペレーター
  【平日】月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
        ワンストップ相談窓口本部                                                           電話098-943-6069    担当:宮城・前冨里
        ワンストップ相談窓口サテライト  ・一般財団法人沖縄県公衆衛生協会 電話098-835-8217  担当:山瀬
                       ・有限会社翁長電気工事      電話098-972-7733  担当:上田
  【平日以外】土曜日・日曜日・祝日 午前9時~午後5時
        ワンストップ相談窓口サテライト ・有限会社フロンティアーズ     電話098-934-6701  担当:伊藝

ワンストップカレンダー

・ZEHセミナー開催

省エネ住宅(ZEH)セミナー 
  開 催 日 :令和3年11月3日(文化の日)
  時  間:13時~16時 (3時間)
  開催方法:WEB中継によるセミナー開催
  申込期間:9月16日~10月30日(平日:月曜日~金曜日 9:00~17:00 ※12時~13時 休憩時間) 
  申込方法:ホームページ上の参加申し込みページ
       詳しくはワンストップ相談窓口にお電話下さい。
      【ワンストップ相談窓口 琉球大学内】 
       電話:098ー943-6069  担当:宮城・前冨里・小山
      【サテライト相談窓口 一般財団法人沖縄県公衆衛生協会内】
       電話:098-835-8217  担当:山瀬

  対 象 者 :那覇市在住・在学・在勤の方、那覇市内に住宅を新規購入および建て替え・リフォームをしたいとお考えの方
  定  員:150名 先着順のお申し込みとなります。

・ZEH見学会

ZEHモデルハウス特別見学会
  開催方法:モデルハウス展示場での現地開催
  申込期間:9月16日~10月30日(平日:月曜日~金曜日 9:00~17:00 ※12時~13時 休憩時間)
       締  切:お申込みは先着順です。
  申込方法:詳しくはワンストップ相談窓口にお電話下さい。
      【ワンストップ相談窓口 琉球大学内】 
       電話:098ー943-6069  担当:宮城・前冨里・小山
      【サテライト相談窓口 一般財団法人沖縄県公衆衛生協会内】
       電話:098-835-8217  担当:山瀬
  定  員:各モデルハウス展示場 12組  計24組
  対 象 者 :那覇市在住・在学・在勤の方、那覇市内に住宅を新規購入および建て替え・リフォームをしたいとお考えの方
  必須条件:見学後、アンケートにご協力いただけることがお申込みの必須条件でございます。


 ①沖縄市登川 ZEHモデルハウス  2日間 計12組  見学後にアンケートのご記入をお願いします。

  日程:11月6日(土) 10時~11時50分
      1組目 10:00~10:50
      2組目 11:00~11:50
     11月7日(日) 11時~15時50分
      1組目 11:00~11:50 ※ 好評につき、ご予約済みとなりました。
      2組目 13:00~13:50
      3組目 14:00~14:50
      4組目 15:00~15:50
     11月13日(土) 10時~11時50分
      1組目 10:00~10:50
      2組目 11:00~11:50
     11月14日(日) 11時~15時50分
      1組目 11:00~11:50
      2組目 13:00~13:50
      3組目 14:00~14:50
      4組目 15:00~15:50
 

 ②琉球大学 産学官連携ZEHプロジェクト実証事業ゼロエネルギーハウス  2日間12組
  日程:11月6日(土) 10時~15時20分
      1組目 10:00~10:30
      2組目 10:50~11:20
      3組目 11:40~12:10
      4組目 13:00~13:30
      5組目 13:50~14:20
        6組目 14:50~15:20
  日程:11月7日(日) 10時~15時20分
      1組目 10:00~10:30
      2組目 10:50~11:20
      3組目 11:40~12:10
      4組目 13:00~13:30
      5組目 13:50~14:20 ※ 好評につき、ご予約済みとなりました。
        6組目 14:50~15:20

・宿泊体験会

宿泊体験会
  開催方法:モデルハウス展示場での現地開催
  申込期間:9月16日~10月30日(平日:月曜日~金曜日 9:00~17:00 ※12時~13時 休憩時間
  締  切:お申し込みは先着順です。 
  申込方法:詳しくはワンストップ相談窓口にお電話下さい。
      【ワンストップ相談窓口 琉球大学内】 
       電話:098ー943-6069  担当:宮城・前冨里・小山
      【サテライト相談窓口 一般財団法人沖縄県公衆衛生協会内】
       電話:098-835-8217  担当:山瀬
  定  員:各1組 計2組
  対 象 者 :那覇市在住・在学・在勤の方、那覇市内に住宅を新規購入および建て替え・リフォームをしたいとお考えの方
  必須条件:宿泊体験後、チェックアウト前までに、アンケートにご協力いただけることが必須条件です。


 ①体験プラン:1泊2日コース
 ②宿泊体験ハウス:沖縄市登川 ZEHモデルハウス
 ③日程:【第1回目】
       11月6日(土)~7日(日) ※ 好評につき、ご予約済みとなりました。
       チェックイン  13時
       チェックアウト 10時
       ※チェックアウト前までにアンケートをご記入いただく。
      【第2回目】
       11月13日(土)~14日(日) ※ 好評につき、ご予約済みとなりました。
       チェックイン  13時
       チェックアウト 10時
       ※チェックアウト前までにアンケートをご記入いただく。

・COOL CHOICE

 2015年、すべての国が参加する形で、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が採択され、世界共通の目標として、世界の平均気温上昇を2℃未満にする(さらに、1.5℃に抑える努力をする)こと、今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることが打ち出されました。
COOL CHOICE」は、CO₂などの温室効果ガスの排出量削減のために、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの選択」など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」をしていこうという環境省が推し進める国民運動の一つです。ぜひ、企業団体、個人で COOL CHOICE への賛同をお願いいたします。(出典:COOL CHOICE

 脱炭素社会のためには、エネルギーの使い方に加えて、製品の選び方が大切になります。住宅は長期にわたり使用するため、選択を誤るとエネルギーの浪費につながります。ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のように、省エネ型の住宅や製品(住宅設備)を選択することは、国が勧める COOL CHOICE(賢い選択)であり、脱炭素社会実現に向けての意識とライフスタイルの変容への大きな一歩とも言えます。

 平成29年2月8日、沖縄県那覇市はクールチョイス宣言を行いました。本事業も脱炭素に向けた環境配慮型住宅、ZEHの普及促進を目指し、那覇市の皆さまに様々な情報提供とセミナーや宿泊体験、相談窓口等を設けております。あなたもぜひ、未来のために、いま選択できるアクションを選ぶ COOL CHOICE(賢い選択)にご参加ください。

                                    省エネ住宅ZEH普及促進事業 事務局

CoolChoice_2
COOL_CHOICE_QR_一般財団法人沖縄県公衆衛生協会
COOL CHOICE 賢い選択

・アンケート協力のお願い

 国が進める脱炭素社会の実現のためには、温室効果ガスの排出抑制に貢献する環境負荷の少ない「省エネルギーかつエネルギーを創出できる省エネ住宅(ZEH:ゼッチ ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を推進する必要がございます。
本事業では、那覇市民の皆様、また那覇市内へ通勤・通学の皆様に、省エネ住宅(ZEH)の普及促進を目指しております。
ZEHを活用することは、環境面以外の利点として次の3つの効果が得られます。
  ①防災減災レジリエンスの強靭化(台風や災害による停電時でも快適に住むことが出来る)
  ②経済面でのメリット
  ③健康面での効果
 一方で、省エネ住宅であるZEHの認知度の低さが課題であり、そのことがZEHが普及する阻害要因となっています。
 そのため、ZEHに関する興味と環境配慮への関心を持っていただくために、次の活動を実施します。
  ①ワンストップ相談窓口によるZEHに関するご相談  9月16日~12月27日
  ②ZEHセミナー WEB開催             11月3日 13時~16時
  ③ZEHモデルハウス見学会                                   11月6日~7日   11月13日~14日
  ④ZEHモデルハウス 無料宿泊体験 一泊二日コース   11月6日~7日   11月13日~14日
 これらの活動を通じて那覇市民の皆様へ、ZEHに関する正しい情報をお伝えします。
 より良い活動を行うために、皆様にはアンケートのご協力をお願いしております。 ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

                                    省エネ住宅ZEH普及促進事業 事務局

・お問い合わせ

・個人情報の扱いについて

【個人情報保護について】
 本事業では、皆様に安心してワンストップ相談窓口へのお問い合わせ、またセミナー・見学会・無料宿泊体験会にご参加いただくため、個人情報の取り扱いについて、万全の態勢で取組んでおります。

【個人情報の利用目的について】
 本事業では、個人名が特定できる個人情報の利用は行いません。
 個人情報を利用する場合は、下記の目的で利用させていただきます。
  ①皆様からのご意見・ご提案等をホームページ上で共有・皆様にフィードバックする場合。
  ②より良い事業推進に向けた皆様からのアンケート集計

【個人情報の開示・訂正・利用停止等について】
 個人情報の開示・訂正・利用停止につきましても、「個人情報に関する法律」の規定に従って進めております。

省エネ住宅ZEH普及促進事業 事務局

・ZEHの基礎知識

 1. ZEHとは?
   ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、
   使うエネルギーと創るエネルギーのエネルギー収支がゼロの住宅のこと。
   また、電力の消費を極力抑え、災害時にもエネルギー的に自立することができます。

   ZEHには大きく3つのポイントがあります。
   ①高い断熱性能
    外の温度が暑くても寒くても、建物内の温度は一定に保たれているため、快適に過ごせます。
    さらに、温度が一定だと身体に負担がかからないため、健康的に過ごすこともできます。
   ②高効率エアコンやHEMS等による省エネ
    高効率設備により省エネを実現することができます。
   ③太陽光発電等の省エネ
    再生可能エネルギーを活用した省エネを実現できます。

 2.ZEHのメリット
   ZEHには以下のメリットがあります。
  ・夏は涼しく冬は暖かい住宅である。
  ・光熱費を大幅に抑えることができる。
  ・効率の高い設備により湿度上昇を抑え、カビやダニの発生を抑制することができる。

   環境面について以下が挙げられます。
  ・輻射熱(ふくしゃねつ)(※1)の利用
  ⇒輻射熱は表面を温めるため、血流が良くなり健康になる!

    経済面について以下が挙げられます。
  ◎メリット
  ・光熱費がかからず、通常の光熱費の半分以下!
  ・太陽エネルギーを活用するとさらに安くなる!
  ◎デメリット
  ・建築費用が高くなり、概算では15%~20%上昇する。

   しかし、有限会社フロンティアーズでのシミュレーションでは、
  毎月の光熱費+住宅ローンの支払いについて上昇分を十分クリアすることができる!
 
 (例)①RC(コンクリート)住宅の場合、\ 2346万円
     35年間で支払うローン+光熱費合計= \ 3700万円
    ②高性能なZEHの場合、¥2860万円
     35年間で支払うローン+光熱費合計= ¥3230万円

    ⇒結果として、
     500万以上高額なZEHの方が、500万円程お得になります!

 3.ZEHの特徴
   ZEHには以下の特徴があります。
   ①窓を開けてはいけない!?
   ・専用のフィルターにより常時効率的に空気の入れ替えをするため、窓を開ける必要はありません。
   ②災害時にもエネルギー的に自立することができる!
   ・多くの家庭では、太陽光で発電し、余った電気は電力会社に売っています。そのため、災害が発生したときに、電気を使うことはできません。そこで、電気を貯めることができる蓄電池と電気自動車を活用する方法があります。
   ・発電した電気を蓄電池や電気自動車に貯めておくことで、好きなタイミングで電力会社に売電でき、災害時は貯めた電気を使用することができます。
   ・屋根上の太陽光パネルの設置に関して、現在は、投資から自家消費に変化しているため、台風や地震による停電や災害時でも、最低限の電力を確保できます。

 4.まとめ
  ・ZEHには、光熱費の削減や快適な住環境の実現、また災害に強く、省エネ住宅に住むことによる温室効果ガスの削減など、経済性や快適・健康性、レジリエンス(※2)等の面から多くのメリットがあります。
  ・また政府は2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指しています。
   そのため、早めにZEHを取り入れた方が良いです!

 5.専門用語
  ※1:輻射熱(ふくしゃねつ)
    ・太陽エネルギーが熱エネルギーに変換され、温められること
  ※2:レジリエンス
    ・災害時でも安全な日常生活を送ることができること

・沖縄における省エネ住宅(RC仕様のZEH)の基礎知識

  ・沖縄で造るコンクリート(RC)のZEHについて検証してみたいと思います。

   沖縄の方ではまだまだRC住宅の方が人気が高いのでこれについても深掘りします。

zeh-1

1)ZEHとは?

  ・ゼロエネルギーハウスとは何か?について、屋根壁の断熱(※1)性能とガラスの断熱、高効率設備を使うことによって20%以上削減し、それで足りない分を太陽光発電で創エネする住宅をゼロエネルギーハウスといいます。

(出典:有限会社フロンティアーズ

 ※1 断熱(だんねつ):外部との熱の出入りを抑えること

zeh-2

2)ZEHを建築するにはZEHビルダーが必須です

  ・ゼロエネルギーハウスを造るにはZEHプランナー/ビルダーの関与が必要となります。

   皆様の近くにもいると思いますので、探したうえ、依頼してください。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-3

3)令和3年4月から住宅の省エネ(※2)説明義務化

  ・令和3年4月から省エネの説明義務化も出ていますので、建築士もしくは建築会社にお問い合わせしてください。

(出典:有限会社フロンティアーズ

  ※2 省エネ:「省エネルギー」の略称であり、電気を節約して我慢することではなく、賢く効率的に使うこと。

(出典:経済産業省 資源エネルギー庁 ホームページ)

zeh-4

4)沖縄のRC造ZEHを検証(ZEHの条件)

  ・ZEHを造るには基準があります。断熱性能の基準を示すのがUa値(※3)です。これには地域区分があります。沖縄には8地域あるのですが、断熱基準はありません。変わっているのは、η(イーター※4)Ac値が6.7であり、一番位が高くなっています。

(出典:有限会社フロンティアーズ

  ※3 Ua値:外皮平均熱貫流率  ※4 ηAc値:冷房期の平均日射熱取得率

zeh-5

5)沖縄のRC造ZEHを検証

  ・沖縄の省エネ建築については基準がありません。Ua値をなぜ無くしたのかが分かりません。代わってηAc値はあるのですが、2年前に突如3.2から6.7に悪くなりました。これでは、無断熱、普通の建物で太陽光さえ載せればZEHになります。CO₂削減もできず、快適性の低い住宅がこれからたくさんできると予測されます。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-6

6)沖縄の一般的なRC造でZEHを検証

  ・これは一次エネルギー計算というものを使って検証してみました。この様な仕様で太陽光も載っております。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-7

7)沖縄のRC造ZEHを検証(計算結果)

  ・これで検証するとUa値が2.07、ηAc値が4.3、太陽光発電が載っていないのでこれはZEHではありません。ところが、同じ建物に2.07、4.3の太陽光発電が載るとZEHとなり、判定は太陽光を載せるだけでZEHということです。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-8

8)沖縄のRC造ZEHを検証(推奨仕様)

  ・それでは快適な住まいにはならないということで、推奨として最低限これぐらいはしておいた方が良いということを検証してみたいと思います。

  ・屋根内張、外壁内張になっていますが、本来は外張りを推奨しています。その他、換気システムや蓄電池を載せることで、停電時に蓄電池で充分電源を確保することができます。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-9

9)沖縄のRC造ZEHを検証(推奨計算結果)

  ・これは先ほどのUa値(断熱性能)が0.62になり、ηAc値が1.8になります。この値は低ければ低いほど、断熱性能は良いということになります。やはり一般住宅に比べると、良いです。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-10

10)沖縄のRC造ZEHを光熱費シミュレーション

  ・これを光熱費という観点から3つのパターンを検証してみたいと思います。

  ・RC造の一般的な住宅10年間の光熱費、RC造PV(PV;太陽光)を載せた住宅10年間の光熱費、3番目がコンクリート住宅に中断熱のPVを乗せた住宅10年間の光熱費になります。

  ・10年間で光熱費は1番目は1,614,410円、2番目が354,700円、3番目がー808,070です。

  ・ではこの差額がどうなるかというと、当然、一般の住宅よりも太陽光による創エネの効果で1,259,710円お得になります。中断熱だと2,424,480円お得になります。太陽光だけでなく、しっかりと断熱することによって、使うエネルギーが減るということも証明できます。当然、10年以降は売電効果が下がるので、このような差はできませんが、検証結果では、35年間で500万円以上、中断熱PVの方がお得になります。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-11

11)RC造+木造の混構造のZEHを推奨します

  ・もう一つ、上をいくのが、コンクリート(RC)造+木造の混構造のZEHを推奨します。

  ・屋根は木造で高断熱仕様、外壁はRC外張りの断熱、基礎も外張り断熱、窓は樹脂サッシ(※5)+Low-E複層ガラス(※6)、さらにハニカムシェイドという断熱ブラインドを入れるようにしています。

   ※5 樹脂サッシ:塩化ビニール樹脂でできた窓枠のことであり、結露防止や気密性、防音性に優れている。

   ※6 Low-E複層ガラス:特殊金属膜をコーティングした低放射(Low-E)ガラスを使った複層ガラス

zeh-12

12)RC造+木造の混構造のZEHを推奨します

  ・こちらも同じように一次エネルギーで計算すると、Ua値0.33とηAc値1.3とさらに下がります。ですので、光熱費はこちらの方がお安くなるはずです。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-13

13)実際のお宅の温湿度をデータ検証

  ・高性能な住宅を造り、NETATOMO(ネタトモ)ウェザーステーションを活用して、そのお宅の温湿度環境を調査します。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-132

・これがあるお宅の8/16の屋外の温度・湿度、室内のリビングの温度と湿度を検証しています。朝8時から夕方16時ぐらいまで、太陽が上がると当然気温が上がります。外の最高気温が35.8℃に対して、最低気温が27.9℃です。湿度に関して、最高湿度は91.1%に対して、最低湿度は61.0%、差は31.1%あります。室内の場合は、最高気温が28.1℃、最低気温が26.4℃、差が1.7℃しかございません。湿度に関しては、最高湿度が60.0%、最低湿度が57.0%で差は0.3%となっております。

  ・高断熱・高気密を造ると、差が非常に小さくなり、快適性が高まります。このお宅は28坪の2階建て、エアコン1台で基本的に冷暖房を回しています。ですので、高断熱にすることで快適な住まいを実現しやすくなります。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-14

14)RC造+木造の混構造のZEHを推奨します

  ・湿度が安定すると、ダニやカビの発生が非常に少なくなり、快適な住まいになります。推奨湿度を40%~60%に抑えることで高性能な住宅を実現できます。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-15

15)弊社が何故高性能なZEHを推奨するのか?

  ・高性能なZEHを推奨するのかの理由として、2030年からは平均的な住宅はZEHが標準となります。実はハウスメーカーもすでに半数以上がZEHを造っています。最近の省エネタスクフォースでは、前倒しの議論が活性化しております。沖縄の気候にマッチした快適で低湿度な住宅を提供したく、ダニやカビの低減や結露抑制にもつながります。お客様は光熱費や毎月の支払が大幅に下がり、災害時も安心安全な生活を確保することが可能となります。お客様のお宅の資産価値の下落を防止し、将来的なリスクも低減できます。

(出典:有限会社フロンティアーズ

zeh-16

16)SDGsにおけるZEB・ZEHの位置付け

  ・SDGsにおけるZEHやZEBの関わりもそうなのですが、クリーンエネルギーやつくる責任・つかう責任、住み続けられる町づくり、産業と技術革新の基盤を作ろうということにも資するので高性能住宅はとても大切となります。

(出典:有限会社フロンティアーズ

17)オススメのYouTubeチャンネル

    最後に、オススメのYouTubeチャンネルをご紹介します。

   フロンティアーズデザインハウス、伊藝のチャンネル

  ・https://www.youtube.com/channel/UCwMK2leLD36pOlv_O6qdznw

   有限会社フロンティアーズ 代表取締役の伊藝が沖縄のZEHについて分かりやすく説明しています!

   ゼロエネルギーハウスch

  ・https://www.youtube.com/channel/UCGIZXj0tcQCL8FwQ5owQBHg

   このチャンネルは国土交通省が出しており、ZEH全般を説明しています!

18)補助金制度について

               一般社団法人環境共創イニシアチブ(通称SII)では、【環境省戸建ZEH】令和3年度 戸建住宅ZEH化等支援事業があります。

          関心のある方は下記URLよりご確認ください。

          https://sii.or.jp/moe_zeh03/support/

・ZEH住宅オンラインセミナー動画

New Special Edition

新着特集